気持ちよく働くため陰口には同調しない、スルーするスキルを身につける

お金のため、と割り切ったとしても、職場で気持ちよく働きたいですよね。

どこの職場で働いたとしても、陰口を言ったり、口を開けば愚痴ばかり言う人がいます。軽く冗談みたいな感じで言うのならいいけれど、毎日毎日会うたびに愚痴ばかり言われたら、聞かされるこちらも参ってしまいます…。

もういい加減にしろと。

女性の場合、職場で孤立するのは嫌。誰かと一緒にいたい、と思う気持ちが多少あると思います。相手に愚痴を言われて、つい同調してしまったり。一度愚痴に同調してしまうと、次からも顔を見るたび愚痴ばかり言われてしまったり…。

仕事のことや他人の愚痴を聞かされると、こちらもうんざりです。

愚痴を聞かされても同調しない

相手が何か愚痴を言ってきたら、「ふ~ん。」みたいな感じで受け流す。さらっと受け流すことって大変かもしれないけれど、相手は誰かに聞いて欲しいだけなので、愚痴を聞くふりをして右から左へ受け流す…。

なかなか難しいけれど。実践あるのみ。

相手の話に同調しないでいると、そのうちにこの人に話しても無駄だ、と何も言われなくなります。(そう信じています)

相手と同じ立場になって愚痴を言ったり、陰口を言ったりすると、必ず自分に返ってきます。過去に職場の陰口を言っているときは、すっきりするかもしれないけれど、あとでめちゃくちゃ疲れることありました。

職場で愚痴や陰口を言っていると、職場の悪いところばかり目について働くのが嫌になったり、嫌な出来事が引き寄せられてきたり悪循環です。

職場は仕事をするところだと割り切る。愚痴を言っている人がいたとしたら、そんなことを言っても何も変わらないのに。自分が疲れるだけなのにと反面教師にする。相手が自分の身代わりになって愚痴を言ってこうなったらいけないよ、と教えてくれていると思うと、めちゃくちゃありがたい♪と思えます。

職場で最低限のコミュニケーションがとれていれば(あいさつや仕事をする上でのコミュニケーション)職場で孤立しても構わないと割り切る。職場で仲の良い友達ができればいいけれど、職場は友達を作りにくるところでも、愚痴を吐くところでもありません。

効率よく業務をこなして、その代わりにお金をもらうだけのこと。

仕事に行って人間関係のストレスをためて、疲れて帰ってくるなんてナンセンスです。ためるのはストレスではなくてお金です。

自分の心を守るのは自分。相手の感情に流されないで気持ちよく毎日の仕事を頑張りたいですね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする