契約期間が長いと派遣先に依存しがちだけど…

今の派遣先は半年更新。前の派遣先は2か月更新でした。派遣の契約期間が長いので、このままずっと働けるのではないか?みたいな感情が出てくるのですが、所詮派遣です。

派遣先の業績が悪くなったりすれば、一番に切られるのは派遣社員。

前の派遣先でも更新したと思ったら、人事管理部からの指示で契約解除になった経験あり。

派遣先に依存しないほうがいい

  • 派遣先が働きやすい職場である
  • 仕事をしていく上での人間関係がストレスにならない
  • 休みやすいし、給料もそこそこである

今の職場が快適でも、派遣先で長く務める派遣社員がいたとしても、今の派遣先に依存しないようにしています。

年齢を考えば、このまま直接雇用になるのが一番安心なのかもしれませんが…。

依存しない理由は、切られたときのショックが大きいこと。所詮派遣なので、ずっと同じ派遣先では働けないと思っている。

長期間、直接雇用の人たちと派遣社員として職場で働いていると錯覚してしまいます。自分が派遣社員だということ。派遣先のイベントに参加できなかったりすると、自分が派遣社員だということを改めて認識します。

派遣の仕事のほかにも、自分にできる仕事を探してみる

これからの時代、定年になったから仕事を辞めて自由快適な暮らしをする、なんてことは夢のような話だと思うし、できるなら死ぬまで働いていたいと思います。(ボケないためにも、自分の身体に無理しない範囲で)

  • 派遣のほかにも収入を得る方法を考える。
  • 将来のことを考えて資格を取ったり、スキルを磨く。
  • 自分にしかできない仕事を探してみる。

今の生活を維持するだけでなく、将来のことを考えてできることをやっておきたいな、と思います。自分の今の収入に不満だったら、何か努力しないといけない。だまっていても、お金は空から降ってこないし…。

派遣の仕事も、自分にできるスキルが増えれば、紹介してもらえる仕事の幅も増えます。前回の派遣先の仕事紹介の中で、PCを使った仕事紹介もありました。私生活でこれでもか、と思うくらいパソコンを使っているので、仕事でパソコンは使いたくないと思い断りましたが…。

こんな時代だから、何をしても稼げない、と思うのではなく、どうやったら収入を増やす方法があるのか?今の自分にできることは何なのか?意識するだけでもだいぶ違うと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする