ホワイトな職場とブラックな職場で働く違い

前のストレスたまりっぱなしの職場と、今の快適に働ける職場を比べてみると、職場のストレスの感じやすさは自分の心の持ち方と比例するのかな?と思いました。

前の職場の時は、家に帰っても職場の不満やイライラがたまっていたので、自分のイライラがイライラをどんどん引き寄せていたのだ、と強く感じます。

自分で不満を抱え込まないようにしよう、自分の考え方を変えよう、と思っていたけれど、どうしても不満がたまり、耐えきれず職場の陰口も言ってしまうほど心が病んでいました。

職場の上司がストレスを抱えていたので、本来ならスタッフをフォローしなくてはいけない立場なのに、逆にスタッフを追い詰めていた感じがします。

職場の人たちも愚痴ばかり言ってたので、働く環境として良くなかった、と思います。前の前の職場の時は、職場の人たちの陰口が嫌ですぐ仕事を辞めたのに、40代後半になると仕事がほかに見つからないかもしれない、と我慢に我慢を重ねていました。

自分に職場の環境が合わない、上司がスタッフを大事にしない職場はいない方がいいです。仕事を選ばなければ、40代後半でも働ける職場は、まだまだあります。

いまだに、前の職場のことを考えると、動悸が激しくなったりします。

今の職場は、ほとんどストレスを感じません。あいさつすれば、皆あいさつを返してくれます。(当たり前のことですが…)前の職場がブラックだったせいか、職場のすべての人がやさしく感じるし、パワハラする上司も気分屋の上司もいないこと。仕事をしっかりやっていれば、余計なことは何も言われません…。

自分に働かせてもらっている、という感謝の気持ちがあるし、派遣先でもっと頑張ろう♪という気持ちさえあります。

辞めていった派遣スタッフの人たちは、職場で不満がたまっていたけど、私自身は不満を感じないし。今の派遣先で自分ができることを精いっぱいやってみて、ダメなら他の派遣先に行けばいい、という開き直りもあります^^

ホワイトな職場だと休日に仕事のことが頭に浮かばない快適さ♪

しっかり仕事をしていれば、何も言われない人間関係。

直雇用と違い、派遣なので何かあれば派遣元に相談できる♪という安心さも、働く身としてストレスを感じません。

派遣の時給としては低すぎる、という悩みもずっと●●●円だ、と考えて働くよりも、私の時給は●●●●円までアップする♪と妄想しながら働いています。(確かに派遣として今の時給は低いけれど、前の職場に比べると仕事の内容とストレスを比べると、ずっと時給が高いです)

↓最近はまっている引き寄せの本、願いを叶えたくて毎日のように読んでいます。

妄想は現実になる 「引き寄せ」の悩みはこれで解決! [ かずみん ]

読者よりの目線で引き寄せのことを実践版で紹介。何より読んでいて楽しいし、引き寄せの実践方法をわかりやすく紹介されています。

今まで10冊以上の引き寄せの本を購入してきた私ですが、この方法なら引き寄せの法則をマスターできる♪と思ったくらいです^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする