工場勤務のお昼の過ごし方ってどうしているのか?

派遣で工場で働くことになって、一番気になったのはお昼の過ごし方です。他人達はお昼をどこで食べているのか?食堂か?もしくは休憩室か?それとも車の中で一人飯か?それとも家に帰って食べているのか?

事務の仕事なら、自分のデスクで食べる、という選択もできるのですが…。

実際のところ、ほとんどの方が食堂で食事をしているようで、その他の人はお弁当持参で休憩室で食べたり、車の中で食べたりする人もいるような感じです。お昼ご飯も仲良しグループで集まって食べる人達や、1人でスマホを触りながら食事する人、数名で食事をする人、皆まちまちです。

工場は1人で行動どうしていても、どうってことない

1人で食事をしていると、ぼっちなのか?可哀そう…。とか思われることはないです。仕事以外は1人で行動している人も目立っていました。

休憩時間も1時間もないと、お昼を食べてトイレに行ったら、もう仕事の時間、と言う感じで、1人でもさみしいとか気にしている時間はないです。少しでも時間があったら、椅子に座ってぼ~っと休んでいたい、言うのが本音です。

以前工場で働いていた、友だちに工場でのお昼の過ごし方を聞くと、1人で過ごしていて寂しかった…、と言っていました。できれば工場は、仲が良い友達がいたり、仲良しの友達と一緒に働けたら一番♪と思えますが、工場勤務しているのは友達を作りに行っているわけではなく、お金を稼ぐのが目的です。

工場勤務の目的を忘れない

工場で働く目的は1日の労働時間が決まっているので、毎月安定した収入を得ることができること。働いてお金を得るのが目的です。

時間が経てば、工場の人達の人間関係も見えてくるし、派遣勤務はいつまで続くかわからないので、人との関わりばかりを気にするよりも、与えられた仕事をしっかりこなすことを一番に考えて過ごしていれば大丈夫だと思います。(と、自分に言い聞かせています)

工場勤務の人間関係は、挨拶をしっかりする

工場すれ違った人、会ったことのない人でも、「おはようございます。お疲れ様です。」など、社会人として最低限の挨拶だけはしっかりするのが大事です。(当たり前のことですが…)

仕事を教えてもらったら、「ありがとうございます。」

工場勤務での人間関係は、相手のことをあまり詮索しない、相手に自分のことを聞かれたら話すようにしています。

派遣も、工場勤務もはじめての経験、どこまで続くかわからないけれど、将来のため、自分のため、家族のためにお金を稼ぐために頑張ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク