パートの人間関係でストレスに感じる3つのタイプの人

パートの人間関係で思うのが、気の強い人は自分が思ったことを口に出すこと。そこまで言う?と思うことまで、はっきりとズバズバ言ってきます。しかも本人を目の前にしてではなく、陰で言うのはなんだかな~、と思います。

言われたことに対して、自分に非があれば仕方ないけれど、そうでなければ気にしない。相手に対して腹を立てれば立てるほど自分も疲れるし、仕事上どうしても気になる、仕事づらいなど感じるなら、上司に相談すればいいと思います。(上司に相談しても解決しないようなら、その上の上司に相談するとか)

今までパートして気になるのが、相手に対して態度をころころ変える人。気の強い人にはあまり下手なことは言わないで、自分よりも気の弱い人、立場の下の人にだけ、キツイ態度で接したりすること。弱い者いじめじゃんって思います。小学校の時に言われなかった?自分がされて嫌なことは人にはしないことって。

今までの職場でもあったのですが、店長がスタッフの悪口を言うタイプの人。店長は従業員スタッフをまとめる人。そのまとめ役がスタッフの陰口をたたいていると、陰で自分も言われているのではないか?という不信感が高まり、店長がどんなに仕事ができたとしても尊敬できなくなります。店長は店で一番偉いわけではないです。

ストレスためて無理して働く必要はない

職場でみな仲良く働ければいいけれど、そうでない職場のことが多いと思います。気の強い人、クセのある人は、そういう人だと思って言われたことは、ほどよくスルーするスキルをつける。パートはストレスためるところではなく、お金を稼ぐために自分の大切な時間を使っているのだから。

ストレスためて身体壊しても、何もいいことないです。病院にかかることで医者が儲かるだけ。そんなの悲しすぎます。生活のため、子どもの学費を稼ぐため、老後の資金をためるため、住宅ローン返済のため働いたとしても、そんなにストレスためて無理して辛い職場にいる必要はないと思います。

仕事は選びさえしなければ、他にもあります。自分の大切な人生なんだもの。そうじゃなくても40代後半はメンタルが不調になりやすいし、身体にも不調が出やすい時。ストレスためないで働きやすい職場で元気に仕事するのが一番です^^

たまに仕事の人間関係で疲れて逃げ出したくなる日もあります。体力的にも精神的にもね。いつでもやめる覚悟はできていること。自分にできることを精一杯やって、それでもだめなら、別な職場に行けばいい、と思うようになったら、職場のストレスが少しは軽くなりました。無理しないで、しっかりお金を稼ぎたいです。

スポンサーリンク
アドセンス




アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス