パート勤めで辛いと思ったこと7つ

働く主婦の皆さん、お疲れ様です。40代になると子どもの教育費のため、住宅ローン返済のため、自分自身のため、または自由に使えるお金が欲しいと、パートとして働く方も少なくないと思います。パート勤めで辛い、と思ったことを書き出してみます。

時給と労働が合っていない

平日と土日、祭日の時給が変わらない。平日勤務のみのスタッフ、土日、祭日、大型連休に出勤するスタッフがいつも決まっていると不満がたまってきます。

平日暇そうに働いている人と、土日、祭日と人が少ない中働いているスタッフの時給が同じなんて、やってられない、と思います。特に長く働いていると。

忙しい時には、せめて50円、100円増しの時給にするとか、忙しい時に出勤しているスタッフの気持ちを考えないと、仕事がよほど好きでない限り、他の時給が高い飲食店で働こう、と考えてしまうかもしれません。

人間関係のトラブルがある

一番辛いと思うのは、やはり人間関係です。ひとりひとり個性もあるし年代も違うので、みんなの性格が合う、とは言えないのですが、大人なので仕事上はうまく付き合っていけないと辛いです。

パートは時給が少しくらい低くても、人間関係がうまくいっていたら長く続きます。それほど人間関係が大事です。

仕事だから割り切って付き合わなきゃ、きついことを言われても気にしないようにしよう、と思っても、なかなか簡単に割り切ることができず、ストレスがどんどん溜まっていってしまうこともあります。

パートなんだもん、月数万円稼ぐくらいで、ストレスためたくないです。

店長がスタッフや会社の悪口を言っている

過去に3回ほど、あまりよろしくない店長に当たってしまったことがあります。店長がスタッフの悪口を言うことは、悪口を言われる本人にも(仕事の上で)原因があると思います。

だからと言って、本人のいないところで陰口を言うのは、気分がいいものではありません。

店長が悪口を言うことで、店長のことを信頼できなくなります。

長く働く気もなくなります。

自分も陰で言われているんだな、と思います。

大事なこととか、相談することも店長に相談する気持ちがなくなります。

店長自身が会社の悪口を言うのも、なんだかな~、と思います。そんなに悪口言うくらいなら、やめてしまったらいいのに、と思ってしまいます。

店長がスタッフをひいきする

ひいきされる側も、ひいきされない側も、両方体験したことがあるのですが、本当にどちらも嫌です。店長にひいきされると、他のスタッフから妬まれます。店長も職場の空気を読んでよ!と幾度となく思ったことがあります。

特定のスタッフをひいきしているのを見るのも、見ていてうんざりします。同じ仕事をしても、ひいきしているスタッフとそうでないスタッフとスタッフに対する態度が違う。

見ていて、ムカッ、とします。店長も人間なので、人の好き嫌いはあると思いますが、上に立つものとして自分好みのスタッフだけ、態度が違うということは、あってはならないと思います。

店長が気分屋である

調子のいいときは、必要以上に朝から話しかけてくる。仕事に対することを聞いてもニコニコしている。しかし数時間後には、機嫌が悪くなっていること。物を乱雑に扱ったり、ゴミ箱蹴っ飛ばしたり…。見ているこっちが怖いです。

気分屋が激しすぎると、スタッフが店長の顔色を伺うようになってしまいます。

店が忙しくなるとキレる店長

店が忙しくなったときほど、冷静に仕事をしたいです。忙しくなって店長がイライラし始めると、気の小さいスタッフは、ミスをしちゃいけない、と思い萎縮して、冷静に仕事ができなくなります。

スタッフも思うのでミスをするとその分、時間がかかってしまうので。店が急に込んだ時に、冷静にスタッフに指示をしたり、仕事をさばくことができないと、

店長が店をまとめようとしない

人が少ないから、何か問題がある人がいても注意しない。職場を乱す人がいたり、自分勝手に仕事する人がいたら、店長として注すればいいのに、辞められたら困ると思い何も言わない、見過ごす。

言いやすい人には注意して、そうでない人に対しては何も言わない。

嫌われるのが怖くて、やめられてしまうのが怖くて言えないのかわからないですが、店長としてダメなものはダメ、とハッキリ言って欲しいと思います。

長くなってしまいましたが、パートで辛い!!と思うことを書いてみました。

いくつかのパートをしてきた中で、やはり辛さの一番の原因は人間関係です。人間関係がうまくいっていれば、仕事さえ自分に合えば続くと思います。

自分が辛いと思う環境でストレスを抱えながら働くのは、あまり良くないと思います。人間関係が良くならない、悪くなる一方なら、いっそのこと辞めてしまう、という決断も必要です。

パートで無理してもいいことありません。身体壊しても会社は責任取ってくれません。お金を稼ぐことは大切なことです、でもそれ以上にご自分の身体と心大切にしてくださいね。

スポンサーリンク
アドセンス




アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス