40代後半で飲食店勤務する現実

大型連休のパート勤務。みっちり働ける分稼げるから頑張ろう♪と思う反面、体力的にかなりキツイのが現実です。

家に帰ってきて一息ついたら、腰があがらなくなったり、足元がふらついたり…。冗談にならないほど。

40代後半と言う年齢も関係していると思うけど…

人手不足のため土日祭日のスタッフは少ないこと。新人が入っても土日は勤務しない人が多いこと。平日と土日の仕事量の差がありすぎて、やってられない、と思うことも多々あります。

(平日は雑談するくらい人に余裕があるのに、土日は一息つくほどの暇がないほどハードなときもある)

無理と思ったら最後、目の前の仕事をただ黙々とやるだけ。まるで自分がロボットになったような気持ちになることがあります。私は人間なのにね。

あれもやろう、これもやろう、一度に複数の作業を頭に入れて動かなければならないので、たまに頭がパンクしそうになることも多々あったり。

飲食店は想像よりもずっと頭を使います。頭の回転が速く先読みをして動くことができないと、結構きついです。

今までいろいろな飲食店勤務を経験してきたけれど、これほどにハードな職場は初めてかな。どんなに忙しくてもお客さんに喜ばれるうれしさを知っているから、数年続けることができるけれど、サービス精神がなければもうやってられません。

人手不足の日(土日勤務の人だけでも)平日の時給の1.5倍くらい出してくれたら、やる気も違ってくるだけどと思います。

ちょっと愚痴ってしまいました。

でも、私は負けないです^^


スポンサーリンク
アドセンス




アドセンス




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス