パートでも外に出て働くことの大切さ

やっとブログを更新することができました^^

ここ数週間、体調を崩して寝込んでいました。インフルエンザB型になって1週間寝込み、喘息発作も出ていたこと、気管支炎のような症状も出て気持ち悪さが続くこと。動くと咳が止まらない、仕事にも行けない、何もできない引きこもりのような生活を送っていました。

飲食店で働くのは限界なのかな?と思いました。(特にたばこの煙のあるところでは)

もともと、じっとしていることが嫌な性格だということ。身体を動かすのが何より好きなので、病気で動けないのは何よりも苦痛でした。

最初の数日は、早く治して働きたい♪と思っていたけれど、鈍い関節痛と頭の痛み、微熱が続くこと、ちょっと動くとめまいがしたり辛かったです。熱が下がってやっと動ける♪と思っても、身体が鉛のように重く疲れること。

1週間も寝ていると筋力もなくなるのか?と思ったくらいです。

1日家事をしないだけで使った食器はシンクにてんこ盛りになるし(子どもたちは気を利かせて洗ってはくれない)リビングで寝起きしてたので、床にほこりはたまる食材がなくなってもインフルのせいで出かけることができない。

普段、何不自由なく身体が動いて働けることが、どんなに素晴らしいことなのか♪痛いほどわかりました。(あとは夫の存在も。休みの日に買い物に付き合ってくれて、重い荷物も全部持ってくれました。普段の夫からは考えられない行動…)

心の底からありがたいな♪と思いました。

2週間ほど家の中にいて思ったことは、外に出て働くとストレスはたまるけれど、家の中にいてもストレスがたまるということ。パートでも数時間でも、外で働くことが自分の元気のもとになっていることが痛いほどわかりました。

今回ここまで具合が悪くなった理由は、しっかりご飯を食べていなかったこと。節約にもなるし食欲もないからと簡単なもので食事を済ませていたり、栄養が偏っていたこと、ストレスをありえないくらいためていたこと。

あとは仕事の疲れ。

職場の人手不足で一人の負担が増えていたこと。

今の職場は人手不足以外に不満はないけれど、このまま働き続けたら今回と同じことになる、今よりも条件が良いところがないか、職探しもしていこうと思います。

みなさんもきちんと食事をとって疲れをためない、ストレスをためないように気をつけてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする