パートでストレスたまるけれど、それでも専業主婦には戻りたくない現実

毎日パートで働く時間は4、5時間ほど。フルタイムの頃に比べると、たいして働いていません。1日数時間のパート勤務でも、外に出て働くということではストレスもたまります。

たまに自分がなんでこんなに仕事ができないのか、なんでこんな些細なことでミスするのか、自己嫌悪したり、他人と比較して自分が情けなくなったり、体力的精神的にも仕事が辛く感じて、何もかも放り投げて逃げたくなることあります。(正直な話です…)

数時間でも社会に出て働くって、大変なことです。パートでどんなにストレスがたまっても、どうしても戻りたくないのは専業主婦です。

中には外にでるよりも家にいる方が向いている、という方もいるかもしれないけれど。(自分も専業主婦に向いているとずっと思っていました)

専業主婦時代に感じたストレスを考えると、(ママ友との付き合い方とか、休みのない家事、子育てのストレス、自分で自由にお金を使うことの罪悪感)パートのストレスのほうがまだ軽い、と思います。

夫がお金を使うな、と言うわけでもないけれど、専業主婦だと自分のことにお金を使うのが、なかなかできませんでした。もったいないと感じてしまうので…。

今は家計のためにパートに出ていることもあるから、パートでちょっと嫌なことがあったくらいでやめられないということもあるけど、戻りたくないです専業主婦には。

パートで働いていると数時間でも外で働くことで気分転換ができる。家のことを忘れられる(子育てのこと、思春期の子どもとの関わりのストレス、夫とのストレス)

数時間でも家から出て外で働くことで、かなり気分転換になります。特にパートの休みの日がとても嬉しい。専業主婦だと自分の休みがなく、ずっと家のことをやらなきゃいけないストレスみたいなものが常につきまとっていました。

専業主婦の方でも友達がたくさんいて、お金がある方なら、外に出て気分転換できるかもしれないけれど、私はその正反対。

もともと人見知りで、友達が少なくて、中高生の教育費にもお金がかかる子どもたちがいる(食べ盛りでもある)だから、外で働くことで気分転換にもなって、お金も稼げるパートは自分でも向いていると思います。

外で働くのが向いている方、家にいるのが向いている方、人それぞれだと思うし、自分が外で働くことで、普段夫が外で働くのにどれだけ頑張っているのか、辛いのかわかるようになりました。

一番パートして良かったな、と思うのは、自分のお金が少しでも持てること。家計に少しだけ余裕ができたたこと。節約ばかりの専業主婦時代もそこまで嫌じゃなかったけれど、ギリギリの節約生活よりも外で働いて、その分をためるほうが私には向いていると思いました。

疲れることもあるけれど、まだまだ続けたいです、パートとして外で働くこと。このブログにもパートの悩みでアクセスしてくれることを考えると、辛いのは私だけじゃないと思います。

パートのストレスに負けないよう40代の生活を楽しもうと思います^^

そう簡単にはストレスには負けません!!頑張りすぎないように、頑張ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする