気持ちが沈む日が多いのは更年期なのか?

はぁ、本当に更年期突入なのか?家にいると気持ちが上がらないことが多いです。パートでストレスが溜まらないと思ったら、家の中でストレスがたまる感じです。

思春期の子どもと自分の更年期、これで介護問題とかあったら、もう身も心もボロボロになりそう。うちもいつ介護問題がやってくるかわからないけれど…。(弟のお嫁さんの気持ちが痛いほどわかります…)

パートから帰ってきて、子どもたちの行いにイライラ、義実家のことにイライラ、頭の中のおしゃべりが止まらず本当に嫌な感じです。

今一番悩んでいるのは、過去にあった義実家からの行いが頭の中から消えないこと。忘れていたような義母からされたことが頭の中から消えない。義母は私のことをできた嫁、と思っているらしいけれど実際そんなことない。私と義母の間で温度差が生まれているみたい…。

私のことを娘と呼んでいるのもひっかかるし。私のことを娘と呼んでいいのは、実の両親だけ。あなたから生まれたわけではない、と些細なことでもムッとなってしまう。

義母にされた嫌なことに比べれば、してもらって嬉しかったことの方が多いけれど、義実家に行って義母の嬉しそうな顔を見ると複雑な感じになります。

義実家に行ったときの、ちょっとした気になる行い(義弟)が許せなかったり。数年距離を置いていた義実家と関わることで、忘れたはずのマイナスな感情が噴き出してきた、そんな感じなんです。

考えることがすべてマイナス思考に支配されて嫌だ。義実家のストレスになんか、私の心を支配されたくない。うつっぽくなってしまうのは、更年期によるホルモンの影響なのかもしれないけれど。

このままじゃ、ほんと自分が嫌いになりそうです。

お正月に義実家に行かないこともそう。完全に私が義実家を嫌いにならないうちに、ちょっと距離を置いたほうがいいと感じます。(いらないと言っているのに、お古をくれたりするのも負担になります)

最近、ちょっと義実家に近づきすぎたせいかもしれない。

どこかで吐き出さないと、自分の心が壊れてしまいそうな感じでした。このブログを読んで、気持ちがマイナスになってしまったのならごめんなさい…。

明日は気持ちが少しでもスッキリしているといいな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする