もしかして更年期?ストレスと身体の不調

ここ数日、自分でもびっくりするくらい体調不良でした。パートはなんとか行くことができるものの、家に帰るとスイッチが切れたように何もできなくなる。

夕飯を作らなきゃ、と思っても心が重くやる気が出ない。肩に力が入らなくて、好きな曲を聴いて気持ちをあげようと思ってもうまくいかない。

ご飯を作らなきゃ、という気持ちはあっても、身体がいうことをきいてくれない、そんな感じです。

夕飯を作ってお風呂に入って夜の9時には就寝。そのまま朝まで寝て(途中何度か起きることはある)次の日に仕事が休みだと昼過ぎまで寝ていないと身体が持たないことも多々あります。

昔からストレスがたまると寝ないと身体がもたないこともあるけれど、この身体のだるさはついに更年期症状がでたのでは?と思ってしまうほどでした。定期的にきていた生理が遅れているのも気になります。

最近は仕事でもストレスを感じることも少なくなったし、家でも心配事は夫に聞いてもらったり、ストレスとは無縁だと思ったのですが、そんなことはなかったみたいです。

パートと言ってもお正月の仕事はめちゃくちゃ忙しいので、お正月も義実家に行かずパートをすることで義母に何か言われるのではないか?

忘れたはず、許したはずの義実家にされた嫌なことが頭によぎったり、どうでもいいことを考えて脳が疲れてしまったのかもしれません…。

過去のことなんて、今更考えても仕方ないのにね。

何事も真面目に考えすぎるからいけない、わかっているけれどやめられません。

許せないことは無理に許すことができないから、忘れることにします。義母も義実家も嫌なところもあればいいところもあります。

私自身もいいところだけでなく、悪いところもあるし…。

どうでもいいことを考えて、頭を疲れさせるのは時間の無駄。もっと大切なことに自分の時間を使わなきゃもったいないです。

更年期なんかに負けないよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする