人の入れ替わりが激しい飲食店

独身時代、それに結婚してから、いろいろな飲食店で働いてきたけれど、人の入れ替わりが激しい飲食店がありました。

今働いているお店もそのひとつだと思うけど…。

人の入れ替わりがほとんどなかった職場は、上司がスタッフに対して優しかったこと。スタッフの労働環境をよく把握していたり、相談に乗ってくれたりしていました。

事情があって辞める時も、「●●●さんなら、いつ戻ってきても大歓迎だからね。」なんて言ってもらえて、心の中でもっと働きたい!!できるなら辞めたくない、と思ったほどです。

反対に人の入れ替わりが激しいお店は、時給云々よりも人間関係が大変なところ。新人が入ったとしても、ぎりぎりの人数で回しているので、新人教育まで手が回らなく放置されたり。長くいる人でも、人間関係のストレスでやめていってしまったり。店長も長く働いているから、何を言ってもやめないであろう、みたいな感覚になっているのかな?と思いました。

体力的にもきついところ。スタッフがぎりぎりの人数しかいないから、自分が休みたいと思ったときに休みづらかったり、人件費削減でぎりぎりの人数で回していて、突然スタッフが休んだりすると残りのスタッフに負担がかかる。

忙しいとスタッフに余裕がなくなり、まさに職場が戦場になる。

そんな職場を見てしまうと、入ったばかりの新人は、ここではやっていけないかも、とやめてしまうのかもしれません。

やめる場合でも、初日働いて仕事もできるし期待できそうだな?と思ったら次の日から来なくなったり。突然連絡もなしに来なくなったり。10代、20代の方だけでなく、主婦の方も数日でやめてしまったり。音信普通になったり…。

やめたい、と言いづらい環境なのかな?とも思います。

本当に危機的な状況にならないと、労働環境は良くならないのかな?と思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする