これって当たり前?パートをはじめてちょっと一番気になったこと…

パートをはじめてちょっと気になったことがあります。

ちょっと気になっていたので、記事にしてみました。

それは、パート先に新しく入った人たちからのあいさつがないこと。

仕事を始める前の「おはようございます。」「お先に失礼します。」などのあいさつではなくて、

はじめて新しい職場で働くときは、同じく働いている人たちに自己紹介などのあいさつがあってもいいんじゃないか?と思うんです。

過去に自分よりも後に入ってきたアルバイト、パートさんでも自己紹介のあいさつをきちんとする人もいたけれど、私と同じぐらいの年代のパートさんは、ほぼ自己紹介のあいさつがなかった…。

そんなこと言うなら、私から自己紹介のあいさつをすればいいじゃない、と思うのですが、何か腑に落ちませんでした。

たとえば、「今日から、こちらでパートとして働く事になった○○です。よろしくお願いします。」など。

そんなに難しいことじゃないんだと思うのだけれどね^^

新しい職場で、先輩のパートさんやアルバイトの方に会ったときの挨拶って、案外若い子はきちんとしているんです。

20代のフリーターの方とか、学生さんとかね。

新しい職場で、はじめて会った方には、きちんと自己紹介の挨拶しにきます。

自己紹介のあいさつをしてくれると、なんだかこちらも嬉しいし、温かい言葉のひとつやふたつもかけてみたくなります。

主婦のパートさんは社会経験が少ない人が多いのか、どうなのか知らないけれど、新しい職場ではきちんとした自己紹介のあいさつをしたほうが、職場になじめるまでの時間も長くならないような気がします。

はじめのあいさつは基本だよね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする