タグ別アーカイブ: 主婦

パートは好きな仕事を選ぶか?時給を選ぶか?

私が働いているのは飲食店。時給は低いです。しかも土日と平日の忙しさが違いすぎること。今まで飲食店の仕事をやめたいと思ったこともあるけれど、好きだから続いています。

 

お金のために苦手な仕事を頑張るか?好きな仕事(自分が得意な仕事)を選ぶか?

私の場合、いくらお金が良くても自分が好きではない仕事は続かないタイプなので、飲食店で働いています♪(生活がギリギリでお金がたくさん欲しい、と思っているわけではないから続くのかもしれないけれど…)

 

過去にお金がいいからと工場みたいなところで働いたけれど、無理だった…。自分に合う、合わない、向き、不向きの仕事ってあるんだな、と思いました。

 

数年前に、知り合いのママに「時給いくらで働いているの?」と聞かれたことがあります。「●●●円で働いてるよ。」と答えたのですが、「えっ、それって低くない…。私は無理だわ。」と神経を逆なでするようなことを言われたことが二度ほどあります。

子どもにも、「●●くんのお母さんの仕事は、時給●●●●円だって!」と言われたこともあります。

 

他人がいくらで働いていようが関係ないじゃない、と思うのですが、時給が低いからと仕事を馬鹿にされているようで、ちょっとだけイラっとしました。

その仕事があるということは、世の中に必要だってこと。時給で仕事を馬鹿にするのも、なんだかな、と思います。

 

どんな仕事でも働いてお金を得ることって大変です。

 

お金のためと嫌な仕事をしてストレスためるよりも、自分に合う仕事をしてストレスをためない。今の仕事で余裕があれば他の仕事もできるし、家のこともできる。

前に勤めていた職場は人間関係のストレスがたまりすぎて、一度家で倒れてしまったこと。仕事から帰ってくると二時間後には寝てしまって、朝起きて洗濯したり、家の片づけをすることが多かったです。

パートで働く場合、いかにストレスをためずに家のことと両立して働けるか、大切なことだと思います。

 

専業主婦への嫉妬と働く主婦の本音…

パートと言っても、週5日数時間でも働いているとストレスがたまります。

人間自分にないものがうらやましくなるので、家にいるのが嫌で働いていても、

 

専業主婦で旦那さんの給料だけで生活している主婦の方を羨ましい…と思ったり、

バタバタと忙しく働いているいる時間に、優雅にママ友とランチしたりお茶しているママを見ると、

 

何にもストレスがなさそうで、のんきでいいわよね、なんて思ってしまうこともあります。

 

数年前の自分も、旦那の給料のみで生活して、のんきにママ友とランチしたり、お茶したり、

優雅な生活をしていた、というのに…。

 

たまたま私が見たのが、働かない主婦の一面であり、毎日毎日時間とお金を持て余している主婦ばかりではないというのに、、、

 

あなたたちと違って、私はこんなに頑張っているのよ!!とイライラしてしまうこともあります。

 

働き出してから専業主婦の友達と疎遠になったり、会いたくなくなったりするのも、

働かなくてもいい主婦への嫉妬かもしれません…。

 

彼女たちへの嫉妬心が高まると、自分が仕事をして楽しいという思いも、すべて忘れてしまうんですね。

 

人間だから仕方がないというべきなのか。

 

 

働かない主婦の人にも、それなりの心配やストレスがあると思うし、

働く事も、働かないことも、それぞれデメリット、メリットがあるから、一概にどちらがいい、とも言い切れないのに。

 

困ったものです。

 

人間って自分にないものを欲しがるし、相手からみたら私の方がうらやましく見えるかもしれない、と思うかもしれないのに…。

 

専業主婦と違って、自分で働く事によって自由になるお金も増えるし、子育てに関係なく社会とのつながりもあるし、

旦那にもしものことがあっても、自分に少しでも収入があれば、不安も小さいかもしれない。

子どもが手が離れた後でも、働いていることでさみしさも少ないかもしれない。

 

働いていることのメリットの方が大きいと思うのにね。

 

たまにパートの仕事が休みだと、幸せで、このまま仕事に行きたくないな♪と思ってしまうけれど、

専業主婦としてずっと生活しなさい、と言われたら、首を横に振りたくなると思います。

忙しく働いて帰ってきた後の充実感はたまらないし、仕事を毎日頑張るからこそ、たまの休日が幸せに感じること。

自分の稼いだお金で物を買える幸せとか。

専業主婦もいいけれど、社会に出て刺激をうけて働く、パート主婦の生活もなかなか捨てがたいと思います^^

たまには嫉妬も仕方ないかもしれないけれど、嫉妬するくらいなら自分のために、自分ができることに時間を費やす方が

よっぽど賢い♪と思いました。

 

これって当たり前?パートをはじめてちょっと一番気になったこと…

パートをはじめてちょっと気になったことがあります。

 

ちょっと気になっていたので、記事にしてみました。

 

それは、パート先に新しく入った人たちからのあいさつがないこと。

仕事を始める前の「おはようございます。」「お先に失礼します。」などのあいさつではなくて、

はじめて新しい職場で働くときは、同じく働いている人たちに自己紹介などのあいさつがあってもいいんじゃないか?と思うんです。

 

過去に自分よりも後に入ってきたアルバイト、パートさんでも自己紹介のあいさつをきちんとする人もいたけれど、私と同じぐらいの年代のパートさんは、ほぼ自己紹介のあいさつがなかった…。

そんなこと言うなら、私から自己紹介のあいさつをすればいいじゃない、と思うのですが、何か腑に落ちませんでした。

たとえば、「今日から、こちらでパートとして働く事になった○○です。よろしくお願いします。」など。

そんなに難しいことじゃないんだと思うのだけれどね^^

 

新しい職場で、先輩のパートさんやアルバイトの方に会ったときの挨拶って、案外若い子はきちんとしているんです。

20代のフリーターの方とか、学生さんとかね。

新しい職場で、はじめて会った方には、きちんと自己紹介の挨拶しにきます。

 

自己紹介のあいさつをしてくれると、なんだかこちらも嬉しいし、温かい言葉のひとつやふたつもかけてみたくなります。

 

主婦のパートさんは社会経験が少ない人が多いのか、どうなのか知らないけれど、新しい職場ではきちんとした自己紹介のあいさつをしたほうが、職場になじめるまでの時間も長くならないような気がします。

 

はじめのあいさつは基本だよね。


パートをはじめると家計は楽になるのか?

パートをはじめると家計は楽になるのか?以前パートをしていた時は、収入が増えたことで外食が増え、疲れて晩ごはんを作ることができず、お惣菜ばかりを買ってしまい、

 

パートに出ていても家計が楽になった、という実感は少なかったです…。

(月に5,6万円しか稼いでいなかったので…)

ストレスもたくさん溜めこんでいたので、、、何のためのパートかって思いました。

 

それならパートで働いても食費が増えて、無駄遣いが増えるくらいなら専業主婦で節約していた方がいいのか?

と聞かれたら、答えはノーだと思います。

 

パートとして稼ぐ金額にもよると思いますが、今はパートをして家計は楽になっています。

パートとして大体月に8万円から10万円ほど稼いでいます。

 

外で働く事はストレスもたまるし大変だけど、日々自分が成長しているっていう感覚はあります。

外で働く事によって、旦那の気持ちもわかる。

(外で働くのがどんなに大変で辛いことなのか。お金を稼ぐことがどんなに大変な事なのか。)

 

家でコツコツ節約して、ケチケチお金を使うより、自分に出来る限り頑張って働いてお給料をもらう。

 

子どものため、家族のため、自分のためと、目的をもって働くことで、よっしゃー今月も頑張って稼ぐよ!!という気持ちが生まれる(人間なので、どうしても仕事に行きたくない、やめてしまいたいという日もありますが)

 

数万円ではなくて、パートとして10万円近く稼げば貯金もできるし、子どもの教育費にもあてられるし、食費をギリギリまで削らなくても大丈夫になる。

子どもの学校の集金があっても、心が痛むことなく払うことができる^^

月に1、2回は外食ができる。

 

自分が稼いだお金で、家族とご飯を食べに行って喜ぶ姿を見ると、また頑張ろうという気持ちも出てくる。

ちょっと気持ちに余裕ができることで、心も楽になる。

 

パートとしてしっかり稼げば、家計は楽になると思います。

40代主婦のパートとして働く不安と悩みを解消するために…

知り合いのすすめで、パート先に働きたい!!と連絡をして、すぐに面接の日にちが決定しました。

 

面接に行くと、すぐその場で採用決定。

パート先の仕事が経験したことのある職種だったこともあり、すぐに採用してもらいました。

40代になるとパートでもなかなか見つからない、採用してもらえない、と思っていたのですが、こんなに簡単に仕事が決まったは自分でもびっくり。

仕事が決まって嬉しい反面、不安に感じたのが本当に働く事ができるのだろうか?

と、思ったことでした。

 

うつになって数年間家の中にこもっていたし、1、2か月前から夜に散歩をしたり、運動をしたり、体力をつけるように努力していたけれど…。

一番不安なのが体力です。

体力以外にも、職場の人間関係とか、精神的に辛いことがあるんじゃないか?とか、


お風呂の時計 / yto

マイナス思考のオンパレードです。嫌になってしまうくらい…。

 

それでも自分の好きな仕事だし、パートと言っても月数万円は入るし。今の生活が少しでも楽になるのなら、働くのも悪くない。ごちゃごちゃ心配したり、悩んでいないで、やれるだけやってみよう。

と、心に決めました^^

 

パートをはじめて更なる不安は家事との両立

数年前にパートを1年間だけしたことがありました。

当時はまだ下の子どもが幼稚園に入ったばかり。パートは朝の9時から夕方の5時までフルタイムなみに働いていたので、結構大変でした。

朝は子どものお弁当を作って幼稚園に送りに行って、それからパートに出かける。帰りはパートが終わったその足で、子どもを幼稚園まで迎えに行く。

帰りにスーパーに買い物して、夕飯を作って、家事をして、、、

パートと子育てと家事との両立が大変で根をあげそうでした。

だから不安だったんですね。家事と仕事の両立(子育ても…)


猫、お疲れのようです。 / HIRAOKA,Yasunobu

同じように仕事をしている旦那は、家に帰れば自分のことだけすればいい。私一人で家事と仕事と、ばたばた動き回っている。

パートをはじめて忙しくなってくると、旦那が何もしないことにイライラし始めました。

 

旦那に家事の手伝いを求めてみた

1人でイライラしても仕方がない。パートと言っても家にお金を入れることができる。家事と仕事と子育ての両立は辛い、というこで、ダメ元で旦那に相談してみました。

私にできることは精一杯やっているつもり。だから出来るだけ家事に協力してほしい、と。

夫婦なんだもん。お互いに協力するのが一番、と思いました。

私は今の状態が限界。これ以上働く時間を増やすことはできない。以前のようにまた、うつが再発するのも怖い…。

なので、私がどうしても無理、疲れたときは飯の準備と休日のお昼の準備をお願いしたいと、素直に頼んでみました。もともと旦那は一人暮らしの期間が長かったので、家事は人通りできます。

こんなことを言ったら反対されるか?と思ったのですが、パートに出ることは旦那も賛成してくれていたので、家事の分担のことも承諾してくれました。

さらに嬉しいことに旦那に料理をお願いしたことで、2人の子どもたちも料理をするようになりました。

 

私一人が頑張るのではなく、家族で家事を分担することで、家族の絆も強くなった気がします。

外で働く事が苦手の専業主婦の私がパートをはじめた理由…

結婚して旦那の稼ぎも良いこともあり、専業主婦を5年ほど続けていました…。

決して外で働きたくない、というわけではなかったのですが、結婚してすぐに子どもができて働ける状況ではなかった。

しかも旦那の仕事が海外出張が多いため(ほとんど家にいない)、小さな子どもを一人残して、私が外で働ける状況ではありませんでした。

 

外で働く事が苦手な専業主婦の私がパートをはじめた理由

リーマンショックで旦那の給料(ボーナス)がカットされたこと。


Japanese Yen Bills / Japanexperterna.se

これにはびっくりしました。もともと転職して、給料が今までの3分の2くらいに減ってしまって…。それでもなんとかマイホームを購入したばかりの時だったので。ボーナスカットなんて、他人事のように思っていたので…。

もちろん、マイホームのローンもボーナス払いがしっかりあります。ボーナスがなくなっちゃったらどうなるの?と、精神的ショックを受けていました。

当時は下の子どもがまだ小さかったので、すぐには働きに出ることも考えず、貯金を切り崩したり、旦那が夜にバイトをしたりして、なんとか生活していました。

 

ボーナスカットがあっても、しばらくは生活ができた

旦那のボーナスカットがあってから、節約節約の毎日で、キリを詰めればなんとか生活することはできました。しかし、私の精神がもたない。

節約、節約でストレスを溜めすぎたせいか、私がウツ気味になってしまい、外で働く事は不可能、という状態まで陥りました。(そのほかにも、旦那の家族間とのストレスが原因で、この後マイナス思考で自分を追い詰めてしまうことはしばしばありました。)

 

私のストレスが限界に達したこと ついにうつ病に…

長年のストレスからうつ病になってしまい、メンタルクリニックのお世話になってしまった私。幸い、飲み始めた抗うつ薬が身体にあったおかげで2年ほどで元気になりました。

家にずっといることで、家族以外の人との会話がなくなる。子どもが幼稚園時代は、まだママ友との付き合いがあったのですが、子どもが小学校に上がると働き出すママが増えるため、なかなかママ友と会ったり、ゆっくりしている時間がなくなる。そのうちに外に出かけることも嫌になり、半分引きこもり状態に…。


20120602 Akasawa 8 / BONGURI

 

子どもが大きくなることにつれて増える出費に悩む

上の子どもが中学生になったことで、あれこれと出費が増えました。中学校入学時の制服や指定のカバン、体育館履き、ジャージの購入。それに自転車。

さらに部活動でもお金がかかります。1年の前期後期で部活動の部費が2万円ほどかかる。それに部活動ごとにお揃いのジャンバー&ズボン(防寒対策のため)、お揃いのバッグ、トレーナーなど、子どもが集金袋を持ってくるたびに、またお金を払うの?とイライラしていたくらいです。

 

このままじゃいけないと思い立ったパートで働くという選択

たまたま、知り合いの方が働く事になったパート先で、良かったら一緒に働かない?と誘われたのがパート先を決めるきっかけでした。

1日4、5時間で週に4日くらい。5、6万円くらいでも、私に収入があれば、カツカツの生活から少しは脱出できると思いました。生活のためにパートする、というのは嫌だったのですが、そんなことを言っている余裕はありません。変なプライドを捨てて、パート生活に突入することになったのです。

 

パートをはじめての悩みなどは、次の記事で書きます^^