眠いときは寝る。頼める家事は家族に頼む。

昨日は仕事が休みだったこともあり、お昼まで二度寝してしまい、午後一番で出かけた後、早めに夕飯をとり早めに寝ました。(夜の睡眠時間は10時間以上…)

そんなに疲れているわけでもないけれど、とにかく昨日は眠くて眠くて…。そんなに疲れたことやっているわけではないんだけどね。

睡魔に負けて、寝てしまいました。

 

眠いときは、無理せず寝る。これに限ります。

 

眠いときになにかやろうとしても効率が悪いだけ。眠いときは早めに寝て、すっきりと寝た後に家事にしろ、仕事にしろやるほうがいいです。

どうしてもやらなければならないときは、頑張ってご飯を作ったりするけれど…。

 

昨日の夕飯作りは、子どもにお小遣いをあげて作ってもらいました。

 

旦那に言ったら、「何子どもにご飯作らせているんだよ!!」なんて言われるかもしれないけれど、

子どもはお小遣いもらえるし、私はご飯を作らなくて済むし、winwinです^^

 

実際に私が働きだしてから、子どもたちのお手伝い率も上がってきたし、ご飯を炊くだけでなく、料理したり、買い物したり、洗濯物を干したりできるようになりました。ちなみに男の子です。

男の子でも、小学生のうちから家事を手伝いなんでもできるようになれば、将来一人暮らししたときに困らないだろうし、お嫁さんには喜ばれると思います。

 

40代からのパートは、周りの協力があれば心強いです。

 

今は家事代行サービスもあります。どうしても家事をするのが無理、というときは利用してみる価値がありそうです。