当たり前のことができなくなって気づく、パートでも働けることの大切さ…

昨日からパートに復活しました。風邪をひいて1週間寝込んでいて、やっと動けるようになって1週間。パートはストレスがたまることも多いけれど、外に出て働けることの大切さ。元気に働けることの大切さがよくわかりました。

思うように身体が動かなくなって、主婦として家事もできない、子どもの面倒も見ることができない、働けない…。生きていれば当たり前のこと。健康で身体が動くことがどれだけ大切なことなのか痛いほどわかりました。

 

身体が元気になったこともあり、気持ちが上がってきて、無理することなくこうしてブログを書くことができるのも嬉しいです。

 

最近、仕事に対して愚痴ばかり言っているので、ちょっとは反省しなさいと、具合が悪くなったのかもしれない、なんて思っています。精神的にも肉体的にも疲れて、感謝の心がなくなっていました。

 

昨日、二週間ぶりに働きに出たら、半日働いただけで筋肉痛になりました。疲れてこたつで寝てしまって、夜になって「お母さんこんなところで寝ちゃだめだよ!!」と子どもに起こされて布団に入りました。いつの間にか子どもの方がしっかりして、親として情けないです…。

 

昨日一日でも仕事に行ったことで、気持ちの沈みもなくなったし、働くことの意欲も出てきました。朝からのやる気は出ないけれど、精神的にも肉体的にも元の私に戻れて嬉しく感じます♪

 

春からは次男も中学生。ますますお金がかかるようになります。パートだけでなく、ほかにも収入源を増やしてお金を稼ごうと思っています。中学校の入学の準備だけで十数万って飛んでいくし。春には家の税金や車2台分の税金も払わなきゃいけないし。お金はあっても水のように出ていく一方です。

自分の親も大変な思いをして3人の子どもを育てたので、私も頑張らないとと思います。今いる環境で、自分ができることを精一杯する、自分に負けないように頑張ります。