▶地元の仕事をスマホ・PCで簡単に探せる求人サイト


生活のためにパートに出るのは負け組なのか?

結婚するなら旦那の給料で養ってもらいたい。妻の給料がなければやっていけないなんて嫌だ。生活のためにパートに出たくない、と思っていました。

結婚してから5年ほどは専業主婦だったので、周りのママたちから働かなくてもやっていけるなんて、といろいろ言われたことがあります。(リーマンショックのせいで家計が傾いてきてよくわかりました)

 

なぜ生活のために働きたくない、と思ったかというと、主婦はパートに出ても家事と子育てもしなくてはならない。仕事して疲れて家のこともして疲れきってしまうんじゃないだろうか。生活のために働くなんて嫌だ、というつまらないプライドがあったんだと思います。

 

今では生活のためにパートに出るのは負け組なんて思っていません。

(たとえどんな仕事でも、社会に出て人の役に立っているなんてすばらしいことじゃないの)私の周りにはお子さんが3人いて、大学まで通わせて、しかも生活費まで出してあげている専業主婦の人がいたり、働きながら子どもの教育費をためている人がいたり、いろいろな人がいます。

本音を言えば自分が働かなくても子どもの教育費を出してあげられる。生活にも余裕がある人はうらやましいと思います。「外で働かない分、子どもの面倒をみてあげられる。」なんて聞かされると、

外で働いている私=子どもの面倒をみて上げられない

だめな母親みたいなレッテルを貼られたような気持ちになったこともあります。

 

そもそも勝ち組、負け組なんて言葉があるからいけないんです。勝ち組、負け組という言葉が嫌いです。人と比べることに意味があるのか?人と比べて自分が優れていることで嬉しくなるのか?そんなの関係ないです。

生活のためにパートに出て家計を支えている。素敵なことじゃないの。中にはパートを掛け持ちして朝も夜も働いている人もいるかもしれない。一生懸命働くことって素晴らしいことだと思う。社会に出てストレスをためたり大変なこともあるかもしれない。

 

そんなきれいごと言ってもね、正直な話ストレスでパートに行きたくない、やめたいって時もあります。自分が働かなくてもやっていける余裕がある専業主婦の人はうらやましいと思います。

それでも、たとえパートで数万円だとしても自分でお金を稼ぐ楽しさ、お金を稼ぐ快感は失いたくないです。生活のためであってもね。

 

家事は家族で無理なく分担

たとえ短時間でもパートに出るのって疲れます。家のこともできるだけ家族で分担。自分でできることはやってもらう。ゴミ捨ても掃除も、食器洗いも、買い物も。主婦なんだから一人で全部やろうとしないで、家族に助けてもらう。

好きなことやって過ごすのは老後になってからでいいです。働けるうちは少しでも稼いでお金を貯める。自分のため、家族のために頑張る。

人は人。私は私。人と自分を比べない。それでいいと思います。

パートに出て働くことで、夕飯のおかずが増えた。少しでも金銭的に余裕ができたことで精神的に楽になった。急な学校の集金があっても困らなくなった。自分に少しでも投資できるようになった。

パートで働くメリットはたくさんあります。働くパート主婦の方、一緒に頑張りましょう^^