月別アーカイブ: 2015年10月

立ち仕事のパートのふくらはぎの痛み…

最近でもないけれど、悩んでいること。

それは、ふくらはぎの痛みです。

 

短時間でもパートで忙しい日、帰ってくるとふくらはぎが痛みます。歩くとふくらはぎがつりそうなくらい、痛みが酷い時もあります。20代、30代の頃は1日働いても、足が痛くなることなんて滅多になかったのに…。

 

年なのかな?とふと思うときがあります。

 

ふくらはぎがどんなに痛くても、一晩寝ると痛みが治まるのだけど…。

今日4時間のパートだったのに、身体がものすごく疲れてだるかった。
帰ってきてすぐに少し遅めのお昼ごはん食べて、ちょっとだけお昼寝して、

(いつもだったら、ちょっと寝ると身体が楽になるのに、今日は全然といいほど身体が楽にならない)

 

夕方早めにパインハイセンスのお風呂に入ったら、身体が温まり筋肉の疲れがいくらか楽になったような気がします^^

パインハイセンスのお風呂は、松葉オイルの香りをかいでいると、まるで森林浴をしているみたいに心がリラックスします。

 

湯船の中で、ぐ~んと足を真っ直ぐに伸ばしていると、さらに気持ちいい…

 

まお風呂に入る前と入った後では、身体の疲労度が全く違います。明るいうちに、ちょっと贅沢だな♪と思いつつも、パインハイセンスのお風呂を楽しんでいます。

 

おうちで温泉気分です。

 

夕方にパインハイセンスのお風呂に入ったおかげで、身体はぽかぽか。身体が温まっていると動く事が億劫じゃなくなるし。

 

明日も仕事頑張るぞって、思います。

40代主婦の無理しない働き方…

最近、パートの働く時間が減って、身体があまり疲れなくなりました。

入浴剤変えて、しっかりお風呂に入って寝る、ということも関係あると思うけど。

 

一日の労働時間が、6時間→5時間→4時間

 

4、5時間働くくらいがちょうどいいです。週に4日か5日働く。

 

毎日朝の9時から5時まで働いていた時は、本当しんどかった。

 

夕飯は作れなかったし、買い物するのが精一杯。なんのためのパートなの?と思ったくらいです。

以前は旦那の協力があったから、フルに働いても大丈夫だったけど、

今は旦那が単身赴任でいないので、協力してもらえない!!

 

自分の身体を壊さないように、疲れためないように働くしかないです。

これが難しいんだけどね^^

 

一日4、5時間でもパートとして働くのは大変です。

40代ともなれば、物覚えも悪くなるし、10代20代の頃以上に努力しないといけない。

 

くじけそうにもなる。

 

それでも、社会とつながることで自信もつくし、自分が自由に使えるお金があるから嬉しいです。

パート代は子どもの習い事と、給食費、食費に消えてしまうけれど…。

 

パートから家に帰ってきたときの気分は最高です。

家に帰ってきて、すぐに着替えて、コーヒー飲んでリラックス。

 

仕事を頑張ったからこそ、ふ~っ、今日も働いたぞ、と思えるんだと思う。

40代のパートは、自分の体力と相談しながら無理なく働くのが一番だと思います。


これいいかも♪40代の疲労回復に、最近はまっている入浴剤…

考えたくないけれど、40代にもなると体力が落ちてきます。

何もしないとだんだんと筋力が衰えて、疲れやすくなること。仕事をしていれば体力つくかな?と思っていたけれどそう簡単には無理です。

 

たとえ数時間、4時間、5時間ほどのパートでも、朝から仕事行く準備したり、仕事前には家事を済ませたり、

家事と仕事を両立していると疲れます。特に精神的にね。

 

立ち仕事のせいか、疲れてくると足のふくらはぎが痛くて辛いこと。仕事をはじめてから年齢のせいだから仕方がない、と諦めていました。

 

最近、一晩寝ると身体の疲れが取れやすくなりました。

 

なんでかな~、と理由を考えてみたのですが、思い当たるのはひとつだけ。

入浴剤を使うようになったこと。しかも、ちょっと高級品です^^

パインハイセンスという入浴剤です。

20151020pinehisens5

パインハイセンスは、弱アルカリ性の薬用入浴剤で、肌に優しいから、赤ちゃんからお年寄りの方まで使えるんです。

香りは松葉オイルを使っているので、人によって好き嫌いがあるかも知れませんが、

パインハイセンスのお風呂に入ると本当に気持ちいいです。

私もはじめてパインハイセンスのお風呂に入ったときは、香りがだめかも、と気になったのですが、
何回か入るうちに、松葉オイルの香りも自然と好きになりました。

パインハイセンスは医薬部外品の入浴剤で、

神経痛、リウマチ、腰痛、冷え性、肩こり、疲労回復、あせも、

荒れ性、あかぎれ、にきび、しっしんなど…

温泉気分になれる入浴剤です。

 

パインハイセンスは、入浴剤としてはちょっと高いけれど、

身体の疲れがとれて熟睡できるし、翌日に疲れを持ちこさないで済む!と考えると、

手放せない入浴剤になりそうです。

いや、もうすでになっています

パートの仕事をするときのまとめ髪に重宝しているもの

ここ数年、髪の毛は肩より上のショートカットにしていたのですが、最近髪の毛をのばしたくなってきました。

髪の毛って伸ばしかけの半端な長さが一番辛いんですよね。

 

朝起きると肩のあたりでぴょんぴょん毛先が跳ねたり、ゴムで結んでも後れ毛がパラパラするし、、、

今はなんとか髪の毛を1つにまとめられる長さになってきたのですが、気になるのがスッキリしない襟足です。

もともと髪の毛が多いこともあり、襟足の髪の毛が多くてもっさりしています。襟足の後れ毛をどうにかできないかな?と探して見つけたのが、まとめ髪スティックです。

matamegami1

ドラッグストアで購入しました。

スティクのりのようなもので、ぴょんぴょん飛び出るあほ毛や、襟足の髪の毛をスッキリまとめてくれます。

matamegami4

デメリットはちょっとべたつくことですが、
matamegami2小さくてコンパクトだからバッグにいれておけるし、ワックスよりも髪の毛を固めてくれて何より見た目がスッキリ見えます。

襟足だけでなく、ハーフアップにしたときのサイドの髪の毛をまとめるのに使ったり、

ななめに流す前髪を固めるのに使ったり、

結構使えます♪

もっと早く知っておけば良かった、と思います。

 

このまとめ髪スティックはプロの方でも使ってるらしく、人気商品らしいですね^^

 

まとめ髪スティックを使ってから、もさもさの襟足がスッキリしてだいぶキレイになりました。

中途半端につけると時間とともにパラパラ襟足の毛が落ちてくるので、しっかりつけるのがコツなのかな?と思っています。

 

ヘアスタイルを決めて、40代の仕事を頑張りたいと思う私です。


仕事な暇な時期とシフトカット…

ブログ更新ご無沙汰していました。

プライベートで忙しい日々が続いて、やっとひと段落しました。

 

最近のパートは、仕事が暇な事もあり、以前よりもシフトが削られることが多いです。

土日も1日7時間働いていたのに5時間に減らされたり、

平日も1日5時間働いていたのを4時間に減らされたり、

 

1日1時間でも、1か月で考えると収入は数万円マイナスになってしまいます。

 

フリーターの方とか、生活のために働いている人はシフトカットは辛いです。

掛け持ちを増やすとか、考えてしまうと思います。

 

シフトが減らされると、私はこんなにカットされているのに、○○さんだけシフトに多く入っているとか

不満も出てくることも少なくないと思います。

 

今までのパートでも、シフトに関する不満とか、陰口とか結構ありました。

そうそう、社員の時でもありました。

 

シフトを組む店長も大変だと思います。

みんなの機嫌を損ねないようにシフトを組まなきゃいけないんだから。

 

私の場合、今まで働きすぎるほど仕事をしていたこともあり、

肉体的にも精神的にも、かなり疲れていたこともあるのでちょうど良かったかな、と

考えることにしています。

 

(本音はもう少し働きたい、という気持ちもあるけれど)

 

仕事が減らされたとストレスを抱えるより、予定外の時間ができたことを喜んで

普段できなかった家の事をしたり、ブログを書いてアフィリエイトに力を入れたり、

時間を無駄にしないようにしています^^

 

前向きにね^^


専業主婦への嫉妬と働く主婦の本音…

パートと言っても、週5日数時間でも働いているとストレスがたまります。

人間自分にないものがうらやましくなるので、家にいるのが嫌で働いていても、

 

専業主婦で旦那さんの給料だけで生活している主婦の方を羨ましい…と思ったり、

バタバタと忙しく働いているいる時間に、優雅にママ友とランチしたりお茶しているママを見ると、

 

何にもストレスがなさそうで、のんきでいいわよね、なんて思ってしまうこともあります。

 

数年前の自分も、旦那の給料のみで生活して、のんきにママ友とランチしたり、お茶したり、

優雅な生活をしていた、というのに…。

 

たまたま私が見たのが、働かない主婦の一面であり、毎日毎日時間とお金を持て余している主婦ばかりではないというのに、、、

 

あなたたちと違って、私はこんなに頑張っているのよ!!とイライラしてしまうこともあります。

 

働き出してから専業主婦の友達と疎遠になったり、会いたくなくなったりするのも、

働かなくてもいい主婦への嫉妬かもしれません…。

 

彼女たちへの嫉妬心が高まると、自分が仕事をして楽しいという思いも、すべて忘れてしまうんですね。

 

人間だから仕方がないというべきなのか。

 

 

働かない主婦の人にも、それなりの心配やストレスがあると思うし、

働く事も、働かないことも、それぞれデメリット、メリットがあるから、一概にどちらがいい、とも言い切れないのに。

 

困ったものです。

 

人間って自分にないものを欲しがるし、相手からみたら私の方がうらやましく見えるかもしれない、と思うかもしれないのに…。

 

専業主婦と違って、自分で働く事によって自由になるお金も増えるし、子育てに関係なく社会とのつながりもあるし、

旦那にもしものことがあっても、自分に少しでも収入があれば、不安も小さいかもしれない。

子どもが手が離れた後でも、働いていることでさみしさも少ないかもしれない。

 

働いていることのメリットの方が大きいと思うのにね。

 

たまにパートの仕事が休みだと、幸せで、このまま仕事に行きたくないな♪と思ってしまうけれど、

専業主婦としてずっと生活しなさい、と言われたら、首を横に振りたくなると思います。

忙しく働いて帰ってきた後の充実感はたまらないし、仕事を毎日頑張るからこそ、たまの休日が幸せに感じること。

自分の稼いだお金で物を買える幸せとか。

専業主婦もいいけれど、社会に出て刺激をうけて働く、パート主婦の生活もなかなか捨てがたいと思います^^

たまには嫉妬も仕方ないかもしれないけれど、嫉妬するくらいなら自分のために、自分ができることに時間を費やす方が

よっぽど賢い♪と思いました。