月別アーカイブ: 2015年9月

パートの人間関係のストレスと、チリ積もったストレス解消法!!

どこのパート先でも人間関係のトラブルはつきもので、多少のストレスはあると思います。

 

例え毎日の小さなストレスでも、毎日毎日少しずつたまってくることで大きなストレスになります。

小さな我慢も積もり積もって後になって爆発、、、なんてこともあると思います。

(私の事です…)

 

パート先の人間関係でも、いやな事を言われてもうまくスルーしたり、割り切ったり、ストレスを感じてもうまく発散できたらいいのですが、なかなかそうはいかない場合もあります。

 

最悪な場合、人間関係のストレスから体調を崩して仕事をやめることになったりするのはごめんです。

ストレスの元凶となる人間のために、自分が体調を崩すなんてまっぴらです。

 

なんて、エラそうな事を言っている私も、最近パート先の人間関係のストレスから体調不良気味です。

パートが休みの日でも憂うつだったり、パートのある日は朝から気持ちが重かったり…。

 

思いっきり辛くて泣いてしまったり…。

 

パート先の人間関係でのストレスはためないことが一番。相手の性格は変えることができないので、

自分が変わるしかないです。

 

お金もかからない、スッキリとするストレス解消法

お金もかからないスッキリとしたストレス解消法は、紙にイライラすること、いやな出来事やストレスの原因を書きなぐること。ここで使う紙は出来るだけ大きい方がいいです。

紙が勿体ない、という人は、片面印刷の新聞広告の裏とか、子どもが学校からもらってくるいらなくなった印刷物の裏側に書くんです。

 

○○、いつも上から目線でモノをいうな!!○○はそんなに偉いのか?

○○自分がそんなに完璧に仕事を出来ると思っているのか?他のスタッフを馬鹿にするな!!

上司の癖に、スタッフの陰口ばかりたたくな!!

とか、私のストレスです。ごめんなさい…

 

もう、思いっきり、思いつくまま紙に書きなぐります。

これでもか、と紙にストレスを書きつづったら、今度は思いっきりその紙を破きます。

 

びりびりっ、ビリビリっとね。

紙を破った後は、深い深呼吸してから、紙をゴミ箱に捨てます。

新聞広告の裏や、子ども関係の印刷物ってどっちみち捨てるのなので、ストレス発散に使えるのではあれば一石二鳥です。

 

私もこのストレス解消法を実践する前は、紙に書くなんてメンドクサイ、そこまでやる必要があるのか?

と思ったんですが、実際に思いっきり紙に書きなぐって、ビリビリに破いて、思いっきり捨てる!!

と、心のもやもやがとれてスッキリしました。

 

再利用できる紙を分別しないで破って捨てるなんてもったいない、と細かいことを言う人がいたとしても、ストレスが溜まって物に当たったり、子どもや家族に八つ当たったりするよりは絶対いいです^^

 

ストレスが溜まったら日記に書く、非公開のブログに毎日の積み重なるストレス、いやな出来事を書く。という方法もあると思います。

非公開のブログに書く、という方法は、私もやったことがあるのですが、たとえ非公開と言っても後から読み返すと、またイライラが襲ってきます。

余計にイライラするので私はやめました^^

 

自分の身体はひとつだけ。守れるのも自分だけ。

仕事のストレスをためて、体調を崩さないよう、ストレスは思いっきり発散しましょうね♪

40代パートの不安、いつまで働けるか?体力は?

40代パートの不安、悩みとしていつまで働けるのか?とふと思ったことがあります。

それと体力の問題です。

 

デスクワークのパートなら、それほど体力に関係なく働けると思うのですが、私の場合は体力を使った仕事。飲食関係なので、長時間の立ち仕事だし、お店が忙しい時間帯、土日やお盆、お正月、ゴールデンウイークの忙しさは半端ないです。

10代、20代のスタッフと一緒に働いていると、40代だから体力がない、動けない、なんて言ってられません。一度職場に入ればみんながみんな即戦力。

 

職場に出ると年齢の事を忘れて必死に働くのですが、忙しい仕事が終わって家に帰る頃には力尽きて家の事がおろそかになることもあります。

今は40代半ばだけど、あと10年後、同じように若いスタッフと一緒に働けるのか?

それとも事務職に変わったほうがいいのか?

こんなことを考えてしまうときがあります。

 

40代といえば更年期の問題。些細なことで体調を崩しやすくなったりするかもしれない。先の事なんて考えても仕方ないけれど、現実問題だから気になります。

 

あと、気になるのが人件費削減の問題。パートなので仕方がないのですが、お店が暇になると売上によって人が減ったり、予定のシフトよりも早めに切り上げて帰ってくることがあります。

1日7時間働けるところが、5時間になったり。

5時間働けるところが4時間になったり。

お店の都合で働く時間をカットされてしまうと、家計にも響きます。

 

お小遣い稼ぎでパートをしている場合ならいいのですが、子どもの教育費のため、生活費のためと考えて働いているとシフトカットは辛いものがあります。

 

10年先を考えて働くこと

私の場合、家事の合間に少しでもお金を稼ぎたいという気持ちではなく、しっかりと生活のためにお金を稼ぎたい、お金を稼げるのなら、扶養から外れてもどんどん稼ぎたい!!という気持ちがあります。

この先10年後、同じように働けるのか?旦那は?子どもは?

もし旦那に何かがあったら?子どもが独立したあとどうする?

 

そんな事を考えると、お金を少しでもためておきたい気持ちがあります。

 

パートと以外のもうひとつの収入減として、アフィリエイトというものをしています。

いわゆる広告収入ですね。決して怪しいことはしていません。

 

アフィリエイトとはフィリエイトとは、自分のブログやホームページで広告主の商品やサービスを紹介して、ユーザーが自分の紹介した商品を購入することで、広告収入を得られることができる仕組みです。

アフィリエイトははじめたからと言ってすぐに簡単に収入が得られる、というものではありませんが、正しい方法で真面目にコツコツと記事を書いていくことで、収入を得られることができます。

 

私の場合、普段はパートをして、時間があるときに(休みの日だったり、仕事が早く終わった日など)ブログでアフィリエイトの記事を書く。商品を紹介することをしています。

アフィリエイトは自分のペースで、正しい方法で続ければ続けるほど収入は上がってきます^^

10年後の事を考えて、パートだけでなく、アフィリエイトで収入を得ることで安心感を得ることができていると思います。

 

アフィリエイトのことは、また別の機会に紹介します。


パートの働き方、1日の労働時間、4時間も8時間も疲れるのは変わらない…

パートに出て思ったことがあります。

それは、1日4時間のパートも8時間のパートも疲れるのは変わらないってこと。

 

私の場合、8時間よりも4時間の方が休憩もないし、疲れるように感じます。

(その日の仕事の忙しさにもよると思いますが、、、)

 

去年の今頃かな、パートの人件費削減で、今まで6時間働いていたのが3時間になり、ほとんど働けない状態になったことがあります。1日3時間の労働じゃ、出勤するまでの準備や手間を考えたら、1日休みにしてその分1日6時間働いたほうがいいと思いました。

主婦で仕事がある日には、家事を調整したり、朝から気が抜けなかったり、その日が仕事だ!!と思うだけで気を張っていないといけないし、たとえ短時間労働でも疲れます。(仕事なので)

私の場合は職場での気疲れが多いです。職場の上司の感情がその日の気分でコロコロ変わるので、不機嫌な日は本当に辛いです。

上司がどんな態度でも、私は仕事をしに会社に来ている。相手がどんな態度でも、やるべきことをしっかりやればいい、と割り切って仕事しています^^

 

よく世間の旦那さんが、「パートのくせに対して働いていないくせに。」とか、「しょせんパートでしょ。」と思うかもしれないけれど、主婦業と仕事の両立、しかも40代になると体力も衰えてきて、体調も不安定になること。

結構しんどいことがあります。

 

もちろん、主婦の方でもフルタイムで働いている方や、正社員で働いている方の方が大変だと思います。でも数時間のパートだから楽じゃないのか?ということはないんじゃないかな、と思います。

 

もちろん、これは私の個人的な感想ですが、パートでも疲れるってこと、外に出てお金をいただくってことは大変な事だと感じます。


40代主婦のパートのモチベーションを上げるためにしていること

40代主婦がパートして働く理由は、

子育てもひと段落したので働きに出たい

自由に使えるお小遣いが欲しい

家計を助けるため(子どもの教育費のため)

 

私の場合は、家計を助けるために働いています。結婚した当初は、家計のために働きに出る、なんて嫌だったんだけれどね。今ではパートとして働く理由がどんなことかなんて気にしていません。

周りのお母さんたちは、自分の小遣い稼ぎのためだったり、子育ても落ち着いて時間ができたから働きに出たとかいろいろだけど。人は人。私は私だから。

 

ただね、生活のためにパートに出ている、となるとモチベーションが下がります

元気な時はいいけれど、ちょっと体調を崩したり、精神的に疲れてしまうと働くのが嫌になります。

なんで私がここまで働かなきゃいけないんだろうか?とか疲れるから働きたくないという、ママ友が口にしていたことを思い出してイラっときたり、専業主婦の方を羨んでみたり・・・。(専業主婦には専業主婦の辛さがあるのにね)

 

元気な時、体調がいいときは平気だけど、家の事をしながら、子どもの世話しながら、仕事をするって結構大変です。適当に手抜きしないとやってられません…。

手抜きばかりの私でも、疲れるときは疲れるので(汗…

 

兼業主婦の私がモチベーションを上げるためにしていること

パートの稼ぎで自分の好きなモノを買う。(スイーツだったり、洋服だったり)

家計のために働いていることは確かだけど、節約節約ばかりして、子どものためばかりにお金を使ったり、家族のためばかりにお金を使うのは辛い…。

毎日頑張っている自分にご褒美を与えることで、また来月も頑張って働こう♪という前向きな気持ちになれます。

主婦でも真面目な方だと、自分の事は後回しにして、家族のためと我慢してしまうことも多いと思うんです。自分のためにお金を使うって贅沢かもしれないけれど、お給料のほとんどを使うのではないし、頑張った分だけ自分にご褒美を与えることで、前向きに明るく頑張れると思うんです。

そのくらいしていないと、毎日頑張れない…。

って思います。うん。

 

例えパートでも1日数時間でも、外に出て働くってストレスがかかります。疲れます。特に40代の女性は疲れやすい…。

嬉しいことがあるから、頑張る、みたいな循環を作っておくと、気持ちも上がりやすく、パートの仕事が楽しくなるような気がします。

ということで、明日も仕事頑張ります。


これって当たり前?パートをはじめてちょっと一番気になったこと…

パートをはじめてちょっと気になったことがあります。

 

ちょっと気になっていたので、記事にしてみました。

 

それは、パート先に新しく入った人たちからのあいさつがないこと。

仕事を始める前の「おはようございます。」「お先に失礼します。」などのあいさつではなくて、

はじめて新しい職場で働くときは、同じく働いている人たちに自己紹介などのあいさつがあってもいいんじゃないか?と思うんです。

 

過去に自分よりも後に入ってきたアルバイト、パートさんでも自己紹介のあいさつをきちんとする人もいたけれど、私と同じぐらいの年代のパートさんは、ほぼ自己紹介のあいさつがなかった…。

そんなこと言うなら、私から自己紹介のあいさつをすればいいじゃない、と思うのですが、何か腑に落ちませんでした。

たとえば、「今日から、こちらでパートとして働く事になった○○です。よろしくお願いします。」など。

そんなに難しいことじゃないんだと思うのだけれどね^^

 

新しい職場で、先輩のパートさんやアルバイトの方に会ったときの挨拶って、案外若い子はきちんとしているんです。

20代のフリーターの方とか、学生さんとかね。

新しい職場で、はじめて会った方には、きちんと自己紹介の挨拶しにきます。

 

自己紹介のあいさつをしてくれると、なんだかこちらも嬉しいし、温かい言葉のひとつやふたつもかけてみたくなります。

 

主婦のパートさんは社会経験が少ない人が多いのか、どうなのか知らないけれど、新しい職場ではきちんとした自己紹介のあいさつをしたほうが、職場になじめるまでの時間も長くならないような気がします。

 

はじめのあいさつは基本だよね。